忍者ブログ

ひつじの歩み

主にサイトの更新情報を載せていきます。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/21/06:00

オリジナルの小説をアップしました

とりあえず何かコンテンツがあった方が良いと思い、
小説をアップし終えました。
かなり使いまわしてる作品で申し訳ありませんが……。
また新しいものを書き始めたいと思います。

つづきには裏話っぽいものを載せておきます。

fatalism
登場人物(実は名前に漢字があったり)

ヒロイン  春日部 リン(鈴)
リンの恋人 籐堂 カケル(翔)
室長    内藤 ハヤト(隼)
先輩    堺 マユ(繭)
先輩    片倉 ススム(歩)
先輩    吉田 アキラ(憲)
依頼人   伊勢井 カナ(奏)

こだわりは、漢字一文字の名前!でした。
電子辞書片手に漢字の由来などまで調べていた記憶があります。

それと、この小説を書くにあたり、
実際の国立機関や学問分野を調べていたら、
再生医療に非常に興味を持ちました。
iPS細胞や臓器移植などの単語をニュースで耳にすると
ついつい真剣に見てしまいます。

記事に、「使いまわしている」と記載しましたが、
この小説は自分が高校時代に書いたもので、
部活の部誌に載せました……。
あとは大学の授業で小説を書いて提出しなければならなかったので、
少し直して提出したり……。(アップしたのは高校当時のもの)
ちなみに評価は単位認定のぎりぎりの点数でした\(^o^)/
自分では結構気に入っているので残念でした……。
まあ実力不足だったということで、
これからがんばっていきたいです、はい。

最後に……

自分はこの小説で戦争の悲惨さと平和の大切さを表現したかったのです。
こうして字面にすると、月並みでなんのひねりもなく感じてしまいます。
しかし、伝えなくてはならないことに変わりはありません。

原爆を落とされた唯一の国・日本は、
今、どこに向かっているのかわからない混沌とした状態です。
隣国との関係も危うく、基地や領土の問題も未解決です。
いつ戦争を仕掛けてくるかわからない独裁国が、
身近に存在しているのもまた事実です。
今、打ち込んでいる自分の文章がまとまっていないのは自覚しております。
ただ、ここまで読んでくださった方には、
戦争が人々に残すのは、一生消えない悲しみだということを忘れないでほしいのです。
どうか、他人事と思わず、頭の片隅に置いておいてください。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら