忍者ブログ

ひつじの歩み

主にサイトの更新情報を載せていきます。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/21/05:56

しのひほう、ぱーと1

DVDで見た。
今度は字幕で。
初見よりは興奮せず、落ち着いて見られたからか、目からの汗は少なめ。
それでもやはりポイントは同じシーンだった。

以下ネタバレ


1.ハーマイオニーの両親への忘却術
2.ヘドウィグがハリーを庇って命を落とす
3.ディーンの森でハリーが雌鹿に導かれる
4.ドビーの死

このあたりだった。
3は…セブルスのことを思ってしまう。

ハリポタの映画はつっこみどころが多いと思う。
バチルダさんと蛇語でしゃべってたのって、たしかハリー気付いてなかったんだよね?
それに触れてないとなんだか間抜けな印象に…。
それにしても沈黙の後にナギニが飛び出してくるのにはびっくりする(笑)
あと、マッドアイの目玉ってどうしたんだろ…。
ワームテールはドビーにやられてたから気絶だし。
冒頭でセブルスがマルフォイさん家の階段駆け足で昇っているが…
セブには悠々と歩いてほしかったな(´・ω・`)

初見のときにはロケットを壊すときに偽のハリーとハーマイオニーの絡みが恥ずかしくて長く感じたけど、今回はそうでもなかった。
あと、トイレに行っててちゃんと見られなかった魔法省でのババアの部屋への潜入シーン。
あそこはなかなかよかった。

映画館で見た後、原作の上を読み返したんだが、読んでいるときに頭の中で場面を想像すると映画の役者さんたちになってるみたい。
そのため、映画にはないシーンも描写されていたと間違えて記憶してしまうみたいだ。
今回なんて、結婚式でハリーとクラムの会話シーンがあると思って疑わなかった(笑)
あと、ハリーがシリウスの部屋で写真とリリーの手紙を見つけるシーンも。
しかも、ハリーとハグリッドが保護呪文の中に入ってウィーズリー家が映るまで、トンクスの家!ってwktkしてたorz

余計にパート2が待ち遠しくなってしまった!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら